オペ室の謎を解明

オペ室看護師の残業

看護師をしている方の多くは、「毎日残業をしている」という方がいることでしょう。数時間残業となることもあるのではないでしょうか。そのため、「仕事がある日は、仕事終わりに約束をすることが出来ない」という方もいれば、「時間通りに終わらないから、習い事が出来ない」と感じている方もいるでしょう。「これではプライベートを充実させられない」と感じて、転職を考えている方もいると思います。
ではオペ室看護師の場合には、残業はどうなっているのかをご紹介しましょう。本来手術というのは、あらかじめ日程を決めて進めていくもので、その日に備えて準備をしているので基本的に残業はありません。当直がいるため予定外の手術が必要となった時でも、勤務は交代制なので残業となることはあまりありません。手術の予定に合わせて準備を進めているので、道具の消毒や準備に関しても、流れに沿って進めることになりますので、1日の仕事の流れがはっきりとしている科目ともいえるでしょう。
緊急患者さんが増えた場合には、緊急の手術の仕事が入ってしまうこともあります。その場合には、残業が強いられることもあるでしょう。しかし緊急の手術は毎日のようにあるものではありませんので、病棟勤務をしている時よりも残業はかなり減らす事が出来ることでしょう。
「プライベートをもっと充実させたい」「習い事をするために、残業の少ない科目へ転職をしたい」と考えている方にとっては、オペ室看護師というのは希望に合った環境といえるでしょう。「仕事の疲れをしっかりと取って次の日に挑みたい」と考えている方にとってもお勧めの科目ともいえるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です